用意する期間

魚もclass=

今日では、晩婚化が進んだり、結婚せず生涯独身である人も増えている。
また、結婚式をおこなっても、個人周りとしたのので行うケースも増えている。
そのため、少し前のように盛大に行うという風潮が薄れつつある。
結婚式にお金をかけなくなってきている背景には、いくつかのことがある。
まずは、晩婚化がある。
20代など若い世代であれば、友達を多く呼び盛大に行う傾向がある。
しかし、年齢が上がると学校などでの友達関係も希薄になり、結果挙式も縮小されるケースがある。
また、長引く不景気により非正規労働者など収入が少ない人が増えていたり、結婚式へお金をかけることへ意義を見いだせなくなってきているということもあるこれらの傾向については、今後も続いていくと考えられる。

結婚式にお金をかけなくなる傾向がある一方で、式を提供する側としてはそれらをターゲットとして、低予算で行う挙式プランの提供が増えている。
以前では、ホテルなどの大きなホールを貸し切り、大人数を呼び盛大に行われる場合が一般的であった。
しかし、最近では挙式の簡略化の傾向から少人数でのプランが増え、例えば小規模なスペースで身内だけで行うプランや、披露宴は行わずお食事会のみに止めると行ったプランも増えている。
また、低料金での挙式を全面に出し、必要な部分だけを行うと行ったものもでている。
さらに、一軒家で行うなどプライベート空間でのパーティー形式でのプランもあるなど、多様化が進んでいる。
ニーズの変化により、挙式のサービスも様々登場してくると見込まれる。