両者の違い

軽食class=

最近の結婚式のスタイルは、とても多彩になってきています。
一昔前までは、神前式もしくはキリスト教式のスタイルにのっとって、厳粛な雰囲気の式を挙げるのが一般的になっていましたが、最近はそれ以外のスタイルで式を挙げる人が多くなってきています。
たとえば、開放感にあふれたガーデンウェディングの形式を採用したり、全く宗教色のない人前式を挙げたりするケースが決して珍しいことではなくなってきました。
また、予算の都合で本格な結婚式を挙げることができない人が、せめて式を挙げて写真だけでも撮っておきたいと考える場合もあります。
抱えている事情は人それぞれ皆異なりますし、こうでなくてはならないなどという決まりは一切ありません。
極端な言い方をすれば、カップルの数だけ結婚式の形があると言うことができます。

結婚式は、これから夫婦として新しい生活をスタートするカップルが、そのことを周囲の人にお知らせして、お祝いをしてもらう行事です。
近年は、挙式をせずに入籍だけで済ませるカップルが増加してきていますが、結婚式には本人の自覚を促すという効果もありますので、ある種のけじめとして行っておく方が望ましいです。
結婚式では普段着ることがないような特別な衣装を身につけますし、非日常的な儀式も行います。
儀式など形式的なものであって、さほど深い意味はないと考える人もおりますが、そのような非日常的な儀式を執り行うことによって、これから自分が負うことになる責任の重さをしみじみ実感することができます。
また、その年まで育ててくれた親に対する感謝の気持ちを表現できる儀式でもありますので、どのようなスタイルで行うにしろ、心のこもったものにする必要があります。